最後から二番目の真実

主にミステリの感想

吸血鬼と精神分析 -笠井潔

 

 

吸血鬼と精神分析(上) (光文社文庫)

吸血鬼と精神分析(上) (光文社文庫)

 

 

吸血鬼と精神分析(下) (光文社文庫)

吸血鬼と精神分析(下) (光文社文庫)

 

 パリ市内のアパルトマンでルーマニアからの亡命将校が射殺され、床には“DRAC”の血文字が残されていた。その一週間後、今度は被害者の女性たちが全身の血を抜かれる連続猟奇殺人が発生、通称“吸血鬼”事件がパリを震撼させる。旅先から戻った矢吹駆は、一連の事件の犯人が遺体に動物の「徴」を添えていることを指摘するが…。名探偵矢吹駆シリーズ、待望の第6作!

  毎回、著名な哲学者を模した人物が出てくるこのシリーズ。今回はラカンと言うことで精神分析に多量のページを割いて説明が入る。しかし、今回はあまりラカンは表に強く出てこない。今まではハイデガー(のような人)やヴェイユ(のような人)はストーリーと強く絡み合い、それ故にこのシリーズの印象を強くしていたが、今回はラカンその人よりも精神分析と対置されることとなる吸血鬼に対して強い印象が残る。

 

それというのも、東ヨーロッパ出身で現代を生きる私たちからすると全く違う環境で育った人々がメインとなって動くからだろう。ムーミントロール(作者は律儀にムーミンではなく、この呼び方をしている)を見ても、それが何かを知らない人達。遙か昔ではなく、ほんの少し時代の違いを感じさせる人達。そういった人と駆の会話からは、精神を分析の対象と考えるのではない、また違った手触りを感じた。

 

今回、いつもなら話を引っかき回すナディアは心を病んでいるようで、鏡を見ることが出来ない。そのための精神分析を受けようとすることで話は進むのだが、動き回れないナディアが中々に新鮮で、後の「青銅の悲劇」での落ち着いた姿を連想させる。

 

吸血事件とそれを特徴付ける「シーニュ」を元にした推理はアクロバティックではないが、「オイディプス症候群」「青銅の悲劇」の丁寧な推理を受け継いだ飛躍のないキレイなロジックといえる。

 

改めて読み直すことで深く味わえた。満足。

ポケモンGOとサーフィンとスキーと

netallica.yahoo.co.jp

 

b.hatena.ne.jp

 

 新しい遊びが出来、その遊び場の管理者や住民が迷惑に感じる。そういったことはこれまでも起きてきたし、これからも起きていくことは間違いない。ポケモンGOをやらない私でも、集団で道をふさいでしまっているのを見ると気分は良くない。

 

ただ、この「遊びをする側の論理」と「遊びで迷惑を受ける側の論理」の衝突をどこかで見たことがある。サーフィンやスキー/スノーボードだ。彼らの遊びは常に自然や、遊ばせてくれる施設があることに依存している。サーフスポットやゲレンデがあるからこそ、充実してサーフやスキーが出来る。

 

 彼らは遊び場あっての遊びだと知っているし、いくつものサーフスポットがサーフィン禁止になり、ゲレンデが廃業しているから、この遊びがいつまでも出来るとも思っていない。だからこそ今日も明日も遊ばせてもらえるようにビーチクリーンをし、ゲレンデクリーンをする。

夏前に知っておきたい”SURFINGの15のいいこと” | NAKISURFスタッフブログ | ナキサーフボードカリフォルニア

コーミング・ザ・コースト:ビーチのゴミ拾い - パタゴニアのブログ「クリーネストライン」

http://sbn.japaho.com/eco-sマウンテンクリーンスケート-in関温泉スキー場/

あるいは、自己満足の範囲でその土地に対してお金を使う。地元の名物を食べ、ローカルな温泉に入り、お土産を買って帰る。美味しいモノを食べて、楽しく滑って、風呂でさっぱり満足して帰ることで、街も少し潤う。そういった自己満足の範囲で、自分の出来る範囲で、その土地に恩返しをする。

 

 下世話な話、お金を落とす人を追い返す商売人はいない。お金で土地の人を味方につけている、とも言える。明日も来年もずっと遊びたいなら、その土地を維持できるようにと、無理せずに自分の出来ることを考える。そうすることで遊びとローカルな土地との協力関係が築けると私は思っている。

 

 そう考えると、ポケモンGOをする際に、ゴミ拾いをしたり、町の人に迷惑を欠けないようにしたり、その土地の名物を食べたり観光することは明日も楽しく遊ぶために必要な事だと思う。自己満足のためにしてみるってのが大事だと思う。

j-town.net

 

その土地の人達が自分たちに何もしてくれなくても、その土地のために何かをすることで、より良い事が起きるかもしれない。遊ぶ側にそういった心があるとみんな幸せになれるんだと思う。

ほどほどが一番

 東京都心に転勤となって早一年。満員電車には耐えられない。なぜ無理矢理に詰めてくるのか、次の電車は3分後に来るというのに。

 

休日にラーメンを食べようとしたとき、服を買おうとしたとき、選択肢がたくさんあって転勤してきて良かったと思う。ただ、美味しいと評判の店に並びすぎなのはなんとかならないかなぁ。さすがに1時間待ちはやっとれん。

 

つくづく、自分は生まれ育った田舎が一番だと思う。何もない分けではなく、大都市にほど近く、通勤電車はそこそこの混雑。田舎に住んでたときは見知らぬ人と出会わなくて息苦しい時があったし、今は人の多さに窒息しそうな時もある。やっぱりそこそこが一番かな、と感じることは多い。

天使は探偵 -笠井潔

 

天使は探偵: スキー探偵大鳥安寿 (光文社文庫)

天使は探偵: スキー探偵大鳥安寿 (光文社文庫)

 

 乗っていたはずのリフトから消失し、空中浮遊する男。ゲレンデに転がる切断死体。白銀の世界に起きた怪事件の背後には、カルト教団の影が…。“事件が起きたときから、その真相が分かっている”という特異能力をもつ、美人スキー・インストラクター大鳥安寿の推理が冴え、事件は奇跡のように解決する!本格ミステリ界をリードし続ける著者の新たなる境地!

 スキーヤーで天使の大鳥安寿を主役にした短編集。スキー場で事件を起こし、トリックを作るのはかなりの困難を伴う作業だが、それを無理矢理にでも成立させている作者の創意工夫にまずは敬意を表したい。一方で、そこまでしてスキー場、雪山で事件を起こす必然性に乏しいのも事実であり、スキー/スノーボード/雪山好きでないと冷めてしまうかもしれない。

 

しかし、雪山を自分で登って滑るバックカントリーがはやっている昨今、これを楽しめる人は増えているのでは?とも思う。トリックはしっかりしながらも骨太な語りなどは大いに面白い。

 

とはいえ、やっぱり、スキーに思想にと食い合わせが微妙なモノの羅列であることも事実なので、うーん薦めにくい。

 

モノは良いので是非読んで欲しいのだが……

片桐大三郎とXYZの悲劇 -倉知淳

 

片桐大三郎とXYZの悲劇

片桐大三郎とXYZの悲劇

 

 この一冊で、エラリー・クイーンの〝X・Y・Zの悲劇〟に挑戦!

歌舞伎俳優の家に生まれたものの、若くして映画俳優に転身、
世界的な人気を博す名監督の映画や、時代劇テレビシリーズなどに主演し、
日本に知らぬものはないほどの大スターとなった片桐大三郎。
しかし古希を過ぎたころ、突然その聴力を失ってしまった――。

役者業は引退したものの、体力、気力ともに未だ充実している大三郎は、
その特殊な才能と抜群の知名度を活かし、探偵趣味に邁進する。
あとに続くのは彼の「耳」を務める新卒芸能プロ社員・野々瀬乃枝(通称、のの子)。
スターオーラをまき散らしながら捜査する大三郎の後を追う!

「ドルリー・レーン四部作」を向こうに回した、本格ミステリー四部作をこの一冊で。
殺人、誘拐、盗難、そして……。最高に楽しくてボリューム満点のシリーズ連作。

 クィーンのXYZの悲劇に挑戦、と書かれているがどちらかというとXYZの悲劇を本歌取りした作品。ハッキリ挑戦すると言うより、モチーフとして現代的に焼き直したモノという感じ。

 

シェークスピア劇の俳優だったレーンを時代劇スターの大三郎に置き直し、Xの悲劇、Yの悲劇、Zの悲劇をモチーフにした事件を配置する。そうなるとどうしても気になる「最後の悲劇」を倉知氏らしい形で外しにかかる。

 

感想を書いていてハッキリしてきたが、この作品はレーン4部作を読んでいないと楽しみどころが半減するなぁ。そういう意味でおすすめしづらい。けど軽い読み口にやや気の入っているトリック。面白い。

柳生十兵衛秘剣考 水月之抄 -高井忍

 

柳生十兵衛秘剣考 水月之抄 (創元推理文庫)

柳生十兵衛秘剣考 水月之抄 (創元推理文庫)

 

 廻国修行をさらに続ける男装の武芸者・毛利玄達だが、どういう腐れ縁か、行く先々で剣豪と名高い柳生十兵衛と出くわすことに。この度も、将軍家剣術指南役・小野次郎右衛門の墓参に連れ立つことになった二人。下総で、次郎右衛門が同門の善鬼と一刀流の継承を争った決闘の真相ほか、剣豪にまつわる三つの謎。剣の謎解きにかけては右に出る者がない、柳生十兵衛の鮮やかな名推理。

 前作「柳生十兵衛秘剣考」の続編。今回も古今東西の剣豪にまつわる謎を解いていく。正直、剣豪に詳しくない私だが、それでも問題なく話について行けるのは高井氏の技量のおかげだろう。

 

毛利玄達と十兵衛のつかず離れずな立ち位置や当時の風俗を感じさせる描写など、時代小説としても十分魅力的と言えるだろう。

 

安定の第2作。

その可能性はすでに考えた -井上真偽

 

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

 

 「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」
この傑作を読まずして、今年のミステリは語れない!

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?

探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!

 奇跡が起きたことを証明するために、現実的なトリックが不可能であることを証明していく探偵、一つまた一つトリックが不可能であると証明されていく。という一風変わったストーリー。そうなると、いかに「ミステリらしいトリック」や「現実的で不可能性を証明しにくいトリック」が実現不可能かを説明していく所が読みどころになる。

 

 で、実際にそれらは達成されるわけだけども、どうしても気になるのが不必要なほど非現実的な容姿の探偵、代わる代わる現れては論破されていく裏社会の方々、といった小物?の非現実さ。トリックの非現実さを説明していく探偵が非現実的な見た目だと、正直説得力がない。変人さを出すならぼさぼさの髪だとか、格好に頓着なくよれよれだとか、逆にキッチリしすぎなスーツ姿、なんかではいけなかったのだろうか? 相棒になる中国マフィアの女性と釣り合いを持たすためなのかもしれないけど、無理にマンガ的な要素を入れ込まなくても良かった気がするなぁ。

 

一方、ミステリらしく最終的な落としどころとなるトリックや途中のツイストの効いた展開は面白い。依頼人がいくら何でもきちんと説明しすぎているところ、いい見せ方だと思います。

 

今後に期待の一冊