最後から二番目の真実

主にミステリの感想

皆殺しパーティ

皆殺しパーティ―天藤真推理小説全集〈5〉 皆殺しパーティ―天藤真推理小説全集〈5〉
天藤 真 (1997/03)
東京創元社

この商品の詳細を見る

天籐真氏は素晴らしく話し巧者だ。はっきりいえば犯人候補は結構簡単に見つかるがそれを何回も否定したくなるような状況、情報を出して煙に巻いてくる。

この煙に巻くときに話が一気に面白くなる。そのため非常に緩急のついたストーリーと良質な本格がうまくかみ合って、感嘆、また他作を読みたくなる。

巻末の辻真先氏の解説のとおりです。