最後から二番目の真実

主にミステリの感想

実況中死

実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿 実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿
西澤 保彦 (2003/11)
講談社

この商品の詳細を見る

以下ネタバレあり

今回は「パス」(テレパシーの変型)

前回は超能力ありの本格でしたが、今回は超能力を用いた叙述トリック。
意外性がかなり高く、驚きました。こういう料理の仕方もありなんだ、と虚をつかれた感じです。

トリックの「ストーカーに見せかけて語り手がボディ」、「パスで見たのではなく直接見た」は意外性と伏線の隠し方が上手く、完全にだまされました。最後まで容疑者の尋問を残していたために、読者にじっくり容疑者を絞らせにくくしているのはさすが、と思います。

今回も引っかかるところがあったのでシリーズのラストにどんでん返しを仕掛けているんでしょうか?気のせいなのか、裏を読みすぎなのかも知れませんが。