最後から二番目の真実

主にミステリの感想

厭魅の如き憑くもの

厭魅の如き憑くもの 厭魅の如き憑くもの
三津田 信三 (2006/02)
原書房

この商品の詳細を見る

以下ネタバレあり

ホラー+本格ミステリを狙った本作。



憑き物筋の「黒の家」と「白の家」の対立、「神隠しに遭った」ように消える子供たち、生霊を見て憑かれたと病む少女、厭魅が出たと噂する村人たち、死んだ姉が還って来たと怯える妹、忌み山を侵し恐怖の体験をした少年、得体の知れぬ何かに尾けられる巫女―。そして「僕」が遭遇した、恐るべき怪死を遂げてゆく人々と謎の数々…。(from Amazon)



このようなあらすじで始まるのですが、あまりホラーっぽさは感じませんでした。ホラーらしい演出はあるけども、怖くはなく上滑りしている感じがします。



ミステリとしてはトリックは面白いですがいささか食傷気味のトリック(「アリスミラー城」や「誰のための綾織」)なのが残念でした。工夫もされていて面白いのですが、タイミングが悪かった。もう数年たってから読みたかったです