最後から二番目の真実

主にミステリの感想

首無の如き祟るもの

首無の如き祟るもの 首無の如き祟るもの
三津田 信三 (2007/04)
原書房

この商品の詳細を見る


禊の井戸に打ち棄てられて死んでいた、長寿郎の双子の妹。それは連続首無し殺人の、ほんの序曲に過ぎなかった。次々と死んでいく長寿郎の花嫁候補たち。古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも死んだ双子の怨念か−。

こいつはやられました。シリーズを重ねるごとに上手くなっているのがわかります。解決編の二転三転も今作ではかなり効果的に使われています。確かに話題作になるだけのポテンシャルがあります。

二重三重に仕掛けられたネタはすべてを見破るのは難しく、ひとつを見破って満足してしまうために余計に驚きがまします。あの不可能状況がきれいに解かれる様は久しぶりに興奮しました。ここまで上手くミステリを書かれる方になるとは。

ただ、気になる点として「関係者には迷惑をかけないだろうから書いた」とありますがどうもどの解決をとっても迷惑を被る人が出てくると思います。細かい点なのでアマリ気にしなくてもよいところですが。また、高屋敷巡査の無実がどのように確保されたのかが気になります。夫婦の絆なのでしょうか?

総合では傑作、低く見ても年間べスト10級です。面白いミステリを読みたい方はぜひ読んでみることをお勧めします。