最後から二番目の真実

主にミステリの感想

名探偵はもういない

名探偵はもういない (講談社ノベルス)名探偵はもういない (講談社ノベルス)
(2006/04/07)
霧舎 巧

商品詳細を見る

少年の夢は犯罪者になることだった。

出だしのこの一文から期待を書き立てさせてくれる本作。霧舎巧の悪いところが少なく初霧舎にぴったりです。

霧舎氏の特徴である「証拠→推理→捜査→証拠→…」の高速ループ、推論につぐ推論。ミステリーで最も楽しい推理が連続します。手堅く、意外なロジックに奇抜になり過ぎない地味目の事件。吹雪の山荘に連続殺人、怪しい逗留者。ミステリのガジェットたっぷりに新しい見せ方を生み出しています

その上で氏の短所である寒すぎるラブコメが抑えられている、むしろほろりとさせられる出来に驚きと霧舎評の変更は確実だと思います。

また、目次とタイトルの意味が読後より意味が分ってもう文句が付けられない。
はじめは「名探偵はまだいない」
中盤では「名探偵は名乗らない」
最後には「名探偵はもういない」
なんとも説明しにくい余韻と少年の成長を残して話は幕を閉じます

後から読み返せばあからさまな伏線に気づかなかった自分に歯噛みすること間違いなしです。ガチガチのパズラー好き以外にもライトノベル的なミステリが読んでみたい、という方にも薦めです。