最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ネジ式ザゼツキー

ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)
(2006/10/14)
島田 荘司

商品詳細を見る

最近話題の「世界のルールを推理する」。その成功例を挙げるなら「眩暈」にこの「ネジ式ザゼツキー」になると思います

 ある男の書いた童話からその世界の法則、事実が暴かれていきます。「眩暈」の時よりも洗練された完成度になっています。より意外性のある事実をより説得力のある形に

島田節たっぷりの力技と大胆にすぎる伏線。最近は電話越しにしか出てこない御手洗の活躍も楽しめます。しかし氏はいつまでもミステリを引っ張っていきますね。島田以降で彼を超える本格作家は果たしているのか?と思うほどに最前線を疾走し続ける彼の近年の代表作と言ってもいいと思います。それほどの奇想です。