最後から二番目の真実

主にミステリの感想

紅楼夢の殺人

紅楼夢の殺人紅楼夢の殺人
(2004/05/26)
芦辺 拓

商品詳細を見る

おそらく芦辺 拓氏の作品の人気投票をしたらNo.1になるだろう傑作。
「虚無への供物」以来のアンチミステリ、ミステリ史に残る傑作です。

中国四大奇書のひとつ「紅楼夢」を舞台に奇怪な殺人事件がおき、大観園に住む美男美女が犯人探しに乗り出す。と、ちょっととっつきにくそうですが中国名にも案外すんなり馴染んでリーダビリティは高いです。

不可解な出来事が次々と起きミステリとしては面白いのですが「紅楼夢」ファンの方は怒らないのかとヒヤヒヤものです。著者は紅楼夢を読み込んで書いているので余り無理解な描写は少ないのかな

この作品の真に素晴らしい点は「なぜ、トリックが弄されたのか?」に対するあまりにも素晴らしい逆転の解答にあります。この解答はミステリを語る上で欠かせないものになったと思います。

物語としても大観園の華麗さとその移り変わりは落涙させるものがあります。
限りなく悲しい最後は美しく、これは力作、傑作だと思わせる力強さを作り出しています。