最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ボトルネック

ボトルネックボトルネック
(2006/08/30)
米澤 穂信

商品詳細を見る

 主人公が迷い込んだのは「自分の生まれなかった世界」。代わりにいたのは生まれなかった筈の姉。
自分のいた世界との違いから見えてくるのはより良い未来を選択できたはずなのに選択しなかった「ボトルネック」の存在。

途中で「ボトルネック」の予想はつきますが、これは当たって欲しくなかった。隠し方がしょぼいということではなく、こんな現実は勘弁願いたい。主人公が暗く、姉が明るい、このコントラストもどんどんきつくなってきます。

どんどんアイデンティティが崩されていく主人公に感情移入していると、よりきつくなっていきます。ラストはどちらとも取れますが希望は見えない。暗い。今までも決して明るいカラーではなかった作者がやたら暗く書いた為、救いが見えない