最後から二番目の真実

主にミステリの感想

スイス時計の謎

スイス時計の謎 (講談社ノベルス)スイス時計の謎 (講談社ノベルス)
(2003/05)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

最近の有栖川作品はミステリ味が少なく物足りないものが多いのですが、これはガチガチの本格ミステリです。それだけでも初期作品を思い出してうれしいのですが、この作品で真に素晴らしい点はそのロジックです。

犯人は何の失敗もせずにロジックだけで犯行を暴かれる、この筋立ては面白いし、素晴らしい。犯人からするとひどい話ですが、犯人の残した痕跡から始まる推理は後期クイーン問題に捉われてしまいがちな状況からの脱出になっています。コレだけで推理作家協会賞受賞の「マレー鉄道の謎」よりはるかにミステリとして成功していると思います