最後から二番目の真実

主にミステリの感想

首鳴き鬼の島

首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)
(2007/08)
石崎 幸二

商品詳細を見る

 メフィスト賞を受賞した石崎幸二氏の久しぶりの作品らしい。自分は初めて氏の作品を読むので詳しいことはわかりません。

 作品としては非常に素直な本格ミステリ。素直すぎて展開が非常に淡白な点が些か気になりますが、トリックでその減点を大きく挽回しています。本格らしい無茶苦茶な方法で科学捜査を手玉に取っています。これなら今でもアレは成り立ちます。面白い

 それよりも、主人公のリアルな情けなさが気になってしょうがなかったです。事件部分の淡白さとの対比でより情けない。主人公には同情します。好きな子に必死こいているのに振り向いてくれないのは定番ですが、普通女の子の態度に気づくわなぁ。

 肝心のトリックについては事前説明も詳しく書かれているので全体に満足度は高いですがもうちっと分厚くなってもいいのでおどろおどろしくしてもよかったのでは。今年の本ミスの12,3位にいそうです。