最後から二番目の真実

主にミステリの感想

高学歴ワーキングプア

高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)
(2007/10/16)
水月 昭道

商品詳細を見る


一般に博士課程修了者の就職は厳しい。このことはあまり世に知られていないことだと思う。そこに真っ正面から突っ込んでいったのはすばらしい。

この本では主に人文系の博士課程修了者のどうにもならない状況を説明しているが、ちょっと大げさだ。

 文理問わず自分の研究業績を認めてくれる企業は少ない。大抵の研究は企業には何の役にも立たないからだ。そこで別分野に飛び込もうにも年齢が引っかかってしまう。常勤講師の道は狭く、厳しい。ポスドクで食っていこうにも身分の不安定さはかなりのもの。どうにもならなくなってフリーターという人も多い。言えるのはせいぜいここまででこれ以上のことを言っている本書は少々言い過ぎだ

自分の見てきている物理の実験分野では院生の人手が足りていない状態で、常勤講師もあまり足りてないものの、新しく人を雇うことは少ない。あくまで研究分野に足りないだけで、教育分野では足りているからだ。

こういった院生になることの容易さと職を見つける困難さのどうしようもない落差は本当に厳しい。学部生と同等の就職活動をできない、博士の「独自に研究活動のできる実力」が評価されないのは悲しい。

安心して博士の勉強ができるようになれればよいのですが…