最後から二番目の真実

主にミステリの感想

サクリファイス

サクリファイスサクリファイス
(2007/08)
近藤 史恵

商品詳細を見る

帯からの引用

優れた小説は、その題材にまで読者の興味を引っ張って行くものです。
ツール・ド・フランス」すら知らなかった僕は、気付けば新聞のテレビ
欄をめくり、ロードレースの中継を捜していました。それはひとえに作品
の力であり、競技の魅力でもありますが、テーマと題材がここまで不可
分に一致した例を、他に知りません。タイトルの意味「犠牲」が示す通り、
爽やかなだけの物語ではありませんし、最後に渡されるバトンは、と
ても重いものです。なのに、読後の印象は前向きで、とても清清しい。

この引用文の通り、ラストに託されたものは重々しく暗いものです。ただ、それを受け取った人間はその重みを知って前向きに動き出していく。ミステリとしてもどんでん返しが面白く、テーマを浮き彫りにしていくパーツにもなっています。

ロードレースという競技でエースを勝たせるための「アシスト」の「僕」。普段「サクリファイス」としてチームに貢献している「僕」が偶然一位になったところから疑惑が生まれ、「サクリファイス」とは何なのか?誰なのか?息もつかせぬ展開になります。

ぜひ読んで欲しい