最後から二番目の真実

主にミステリの感想

山魔の如き嗤うもの

山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)

山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)


前作「首無しの如き祟るもの」に続いて快作が続けて

今回は首無の舞台に程近い奥戸での連続殺人。トリックはなかなか類例はないものの。そうでるものでもない(ネガティブな意味で)。ただ、きちんと納得させる上にホラーとの組みあわせも面白い。

1作1作、ホラーとミステリの融合がうまくなっている。

ただ気になるのは犯人はあの人だとして如何にして身分を偽ったかと、なぜあの時立一一家があそこにいたかがわからない。