最後から二番目の真実

主にミステリの感想

野球の国のアリス -北村薫

野球の国のアリス (ミステリーランド)

野球の国のアリス (ミステリーランド)

やるしかない!アリスはそう思ったんだ……。

野球が大好きな少女アリス。彼女は、ただ野球を見て応援するだけではなく、少年野球チーム「ジャガーズ」の頼れるピッチャー、つまりエースだった。桜の花が満開となったある日のこと。半年前、野球の物語を書くために「ジャガーズ」を取材しに来た小説家が、アリスに偶然再会する。アリスは小学校卒業と同時に野球をやめてしまったようだ。しかしアリスは、顔を輝かせながら、不思議な話を語りはじめた。「昨日までわたし、おかしなところで投げていたんですよ。」……。


少年少女向け野球小説、アリス風味。ミステリ要素は皆無?ほとんど青春小説の扱い。


メインは主人公のアリス、アリスのライバルでスポーツ万能のイケメン五堂、鏡の国では野球少
年の安西。鏡の国に迷い込んで戸惑うアリスが野球を通じて一つ成長していくところは読んでいて気持ちいい。どの少年も一生懸命で裏のなさが子供向けとはいえ読んでいる最中、サクサク読ませていくれているんだと思う。どいつもこいつも良い子達ばっかり


ただ、気になるのは安西君率いる元の野球部メンバー。正直いい気しないんじゃない?と思ってします。アリス達が奮闘して大活躍につながるけども、自分たちとは関係ないからあんまり喜べない気がする。


児童書ということでフォント反転や勢いを表現するためにフォントをいじっているのはとても面白い。もっと他の人もやって良いよね、こういう工夫。