最後から二番目の真実

主にミステリの感想

七つの海を照らす星 七河迦南

七つの海を照らす星

七つの海を照らす星

様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。

孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル……七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。

繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第18回鮎川哲也賞受賞作。

新人の第1作としてはネタ、話、どちらも良く出来ている。キャラクターも海王さんや佳音といった個性的な人たちは勿論、主人公の春菜や各話の主人公となる女の子や男の子達もキチキチンと個性付けができている上にどの人も地に足が着いている。個性的な代わりに余りに非現実なキャラたちが推理小説には多いですが、この作品にはいない。これが好きか嫌いかは個人個人によるでしょうけども「新人の力量はどうなのか?」という点ではハッキリ「ある」といえると思います。もしかしたらここ数年はミステリ界久しぶりの豊作の年なのかもしれない。



一方では新人に持ってて欲しいと私が考える「これがやりたいんじゃー!!」という意気込みはあまり感じられなかった。早い話が「小さくまとまっている」感があった。とはいえその大きさはデビュー数年後の中堅作家のような「佳品」感に近く思う。要は「ドッカンと来るものはないが決定的な瑕疵はない。これからの成長が凄く楽しみ」

以下気分が悪くなるネタばれあり