最後から二番目の真実

主にミステリの感想

今日で本ミスネット投票終了

ということで、投票してきました。私のベストは

1位 山魔の如き嗤うもの 

2位 完全恋愛

3位 七つの海を照らす星

4位 青銅の悲劇 瀕死の王

5位 裁判員法廷

1位と2位は他の方も投票しそうなド本命。ラットマンは個人的に微妙な味だったので外しました。3位は出来がよく新人の作品とは思えなかったので、プラス少し下駄を履かせて。4位は七つの〜とどちらを3位にするか悩みましたが新人を優先して4位にしました。作品のできはかなりガチガチにロジックを詰め込んでいくタイプなので好き嫌いがわかれそうでしたが、私は好きです。こういう作風。プラス、笠井氏の姿勢に個人的に同意しているので評価が高くなってこの位置。5位は本格に社会性を取り込んで、尚且つエンタテイメントとしても楽しめる欲張りな作品だったので。勿論本格として重要視しているトリックのでき、バリエーションが良いのですが。


こんな感じで投票しましたがどうでしょう?実際はどういう順位になるのか楽しみです。