最後から二番目の真実

主にミステリの感想

館島を読んでいる最中

館島 (創元推理文庫)

館島 (創元推理文庫)

館島を読んでいてふとくだらないトリックを考え付きました。


以下、もしかしたらあたっているかも知れない

館は6角形の外周部と螺旋階段からなっていますが、これはナットとねじのように、螺旋階段がぐるぐる回りながら上下する構造になっているとは考えられないでしょうか?

まぁ、ないか。と思いつつ結構説明つくことが多い気がします。墜落は螺旋階段を最大まで挙げたところから落ちた、とか。十字の展望台はネジの頭にも見えるし。

無いかな、やっぱ