最後から二番目の真実

主にミステリの感想

幻獣遁走曲 倉知淳

幻獣遁走曲 (創元推理文庫)

幻獣遁走曲 (創元推理文庫)


f:id:pucci2486:20081124222546j:image

いつだったか読んだんですが、すっかり中身を忘れていたので再読。押入れを整理すると時間をとられますね

・猫の日の事件
・寝ていてください
・幻獣遁走曲
・たたかえ、よりきり仮面
・トレジャーハント・トラップ・トリップ

の5本からなる短編集。

猫の日の事件では、ミステリに多い「消えた犯人」を探す普通のミステリといえます。ただ普通のミステリと違うのは猫丸先輩の人を食ったような態度です。いつ読んでも楽しいそのキャラクターが事件を上手く引き立てています。

そこから「寝ていてください」は、今の「推測」「空論」につながる妄想たっぷりの解決が見られ面白かったです。別に猫丸先輩の妄想が正解である保障はないですもんね。とはいえこの、「いやいや実はこんなことだったんじゃない?」と始まる猫丸先輩の語りはぶっ飛んだ想像力の結晶というか、「ああ、こんな真相だと楽しいなぁ」というものなのがいいですねぇ。推測がとても面白い。