最後から二番目の真実

主にミステリの感想

凍りのくじら -辻村深月 読書中

ただいま読書中。

どこそこで自意識過剰なんじゃないかと言われていますが、今のところそんな感じは……けっこうするなぁ。読み終わりまでにこの感覚はひっくり返るのか、この辺も楽しみです。


中身以外ではノベルスの表紙、これはいいですね。月夜に浮かぶ鯨、幻想的な雰囲気が良く出ています。で、読み始めたらいきなり「凍りのくじら」の話。んー、幻想味が最大まで出て期待大!

今のところ楽しめています。