最後から二番目の真実

主にミステリの感想

東京創元社2月の新刊情報

◆12日刊◆

◇『ミステリーズ!vol.33』
A5判並製/税込定価1,260円
注目の新人・湊かなえ新連載、堂々スタート。浅暮三文芦辺拓、加藤実
秋、北森鴻、皆川博子の連載陣もパワーアップ。隔号好評連載、門井慶喜
森福都。読切、倉知淳、パーシヴァル・ワイルドほか。
ミステリーズ!vol.33 FEBRUARY 2009 - |東京創元社


◇『インディゴの夜 チョコレートビースト』 加藤実秋著
創元推理文庫(国内ミステリ)/税込定価756円
晶の天敵、四十三万円ことまりんが攫われた?! 中国人強盗かと思われた
事件は、意外な展開を見せる。表題作をはじめ、club indigoの面々がさら
に活躍する、好評シリーズ第2弾。
チョコレートビースト - 加藤実秋|東京創元社


◆21日刊◆

◇『最上階ペンタグラム』 南園律著
ミステリ・フロンティア(四六判仮フランス装)/税込定価1,680円
企業犯罪コンサルタントの海坂理歌は、潜入捜査を得意とする。が、潜入
先の病院、社長秘書室など行く先々でトラブルに巻き込まれる。着せ替え
探偵の事件簿、開幕!
最上階ペンタグラム - 南園律|東京創元社


◆27日刊◆

◇『英文学の地下水脈 古典ミステリ研究〜黒岩涙香翻案原典からクイー
ンまで〜』 小森健太朗
キイ・ライブラリー(四六判上製)/税込定価2,625円
クイーンやカーから、黒岩涙香翻案の原典、ヒュー・コンウェーやメアリ
・ブラッドンまで。今まで触れられなかった英米古典ミステリの作家・作
品に焦点を当てた、入魂の評論集。
英文学の地下水脈 - 小森健太朗|東京創元社


◇『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』 米澤穂信
創元推理文庫(国内ミステリ)/税込定価609円
船戸高校新聞部一年の瓜野君は、頻発する小規模な放火事件にある共通項
を発見し、独自に調査を開始する。一年間の放火魔追跡の果てに現れた真
実は? シリーズ怒濤の第3弾!
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3969:


今月は怒涛の新刊ラッシュです。
特に注目なのは
ミステリーズ!新人賞の『最上階ペンタグラム』、小森氏の『英文学の地下水脈』、久々のシリーズ続編の『秋期限定栗きんとん事件』でしょうか。