最後から二番目の真実

主にミステリの感想

殺意は砂糖の右側に -柄刀一 読了

殺意は砂糖の右側に (ノン・ノベル)

殺意は砂糖の右側に (ノン・ノベル)


f:id:pucci2486:20090313234424j:image


「10円玉を持っていないか」という不思議な言葉を残しクラブ経営者が撲殺された。被害者は麻薬取引の疑惑を持たれていたが、その右手にはなぜか1円硬貨と50円硬貨が握られていた…。小笠原諸島から初めて都会に出てきた純朴で愛すべき天地龍之介は、数々の奇妙な事件に遭遇する。料理コンテストや国際線の機上、はたまたフィリピンの田舎町で…。学究一筋の青春を送ってきた龍之介が、科学者並みの頭脳とちょっとズレた感性で事件の謎に挑戦する。果たしてIQ一九〇の天才推理は。 amazonより引用

面白かった。まだこの頃は文章がこなれていなかったんですね。普段の柄刀氏らしい固い文章でした。一方でこのシリーズの売りである「科学ネタ」は強く主張されていて一読してシリーズの立ち位置、キャラクターやストーリーの目標なども含めて、が頭に残ります。


龍之介の性格や能力は本当に今時珍しい。最近は超人的な探偵がメインになっている作品が多いように感じられますが、その流れに乗らない探偵像は好きです。南美希風も超人探偵からずれた所にいるし、柄刀氏は典型的な探偵像から離れたところを(しかし余りに非現実にはいかない程度に)狙っているのかもしれないですね。


このシリーズ本当に刊行時点で読んでおくべきだった。