最後から二番目の真実

主にミステリの感想

星降り山荘の殺人 -倉知淳

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

雪に閉ざされた山荘。ある夜、そこに集められたUFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、一癖も二癖もある人物たち。交通が遮断され、電気も電話も通じていない陸の孤島で次々と起きる殺人事件…。果たして犯人は誰なのか!?あくまでもフェアに、読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。

推理小説初心者にお勧めと良く言われている本作ですが、正直な話本格の鬼や玄人でも充分に楽しめるのではと思っています。

章の冒頭に意味ありげに置かれる但し書き、これがなぜ書かれているのか、その意味を考えて読んでいく。途中を興味そそられるヤカンの密室。これらの相乗効果で本作はその試みを上手く着地させているのではないかと思う。


本作を著名にさせているトリックだけでなく、ヤカンを使い如何に密室は作られたのかという部分があるからこそアノトリックが上手く私達の脳天に衝撃を与えてくれるのではないでしょうか?

一見当たり前の、しかし良質の、密室殺人が配置されそれに集中しているがゆえの衝撃。推理小説の綺麗な手本のような小説です。