最後から二番目の真実

主にミステリの感想

古本屋探偵の事件簿 -紀田順一郎


f:id:pucci2486:20090407213408j:image

「本の探偵――何でも見つけます」という奇妙な広告を掲げた神田の古書店「書肆・蔵書一代」主人須藤康平。彼の許に持ち込まれる珍書、奇書探求の依頼は、やがて不可思議な事件へと発展していく。著者ならではのユニークな発想で貫かれた本書は、「殺意の収集」等これまで書かれた須藤康平もののすべてを収録した。解説対談=瀬戸川猛資


タイトルどおり「古書」に魅せられた人間の織り成すドラマが楽しい。ミステリとしては正直肩透かしと言うか予想を大きく超えた驚愕の展開を期待するとアレな感じになります。


が、この作品のキモは勿論「古書」。ミステリや文芸好きな人、古地図収集家など古書店街には色んな古書好きが集い、そこには多くのドラマがあります。それらが奇妙な事件へと発展していくこと、古書好きの狂気、そういった部分が楽しく興味深い