最後から二番目の真実

主にミステリの感想

一の悲劇 -法月綸太郎

一の悲劇 (ノン・ポシェット)

一の悲劇 (ノン・ポシェット)


f:id:pucci2486:20090429100630j:image

成るほど。と一読して納得しました。不自然なパーツが落ち着くべきところに落ち着く。突飛で大どんでん返しと言うわけではないけれども、するりと腑に落ちるロジック。面白い。


二の悲劇を読んでみるとまた評価が変わるのだろうけども、今のところ「一」の意味合いは薄いように感じるのでこの点だけ残念な感じ。


とはいえ非常に上質な本格ミステリでした。満足