最後から二番目の真実

主にミステリの感想

吹雪の山荘 -赤い死の影の下に 読書中

ただいま半分ほど読んだところです。

リレー小説の弱点のラスト以外の担当者が好き勝手をするのを防ぐために、一人一人小さな謎を解いて更に自分の予想するオチを残していくというのはナイスですね。


出だしが笠井氏なので裏に「赤い死」が関係してくるのは明らかですし(副題が「赤い死の影の下で」ですし)、次の岩崎正吾しが好き勝手やって面白くしてくれています。


これで綺麗な結末が迎えられたら最高ですね