最後から二番目の真実

主にミステリの感想

しらみつぶしの時計 -法月綸太郎

しらみつぶしの時計

しらみつぶしの時計

すべて異なる時を刻む1440個の時計
その中から唯一正確な時計を探し出せ――
神の命題か、悪魔の謎かけか!?
本格ミステリの名手が放つ、驚愕の推理、極限の論理(ロジック)!

無数の時計が配置された不思議な回廊。その閉ざされた施設の中の時計はすべて、たった一つの例外もなく異なった時を刻んでいた。すなわち、一分ずつ違った、一日二四時間の時を示す一四四〇個の時計――。正確な時間を示すのは、その中のただ一つ。夜とも昼とも知れぬ異様な空間から脱出する条件は、六時間以内にその“正しい時計”を見つけ出すことだった!? 神の下すがごとき命題に挑む唯一の武器は論理(ロジック)。奇跡の解答にはいかにして辿り着けるのか。極限まで磨かれた宝石のような謎、謎、謎! 名手が放つ本格ミステリ・コレクション!(amazonより引用)

猫の巡礼

老境に一歩足を踏み入れた愛猫。この年になると「猫の聖地」に巡礼に行くという。わたしは多少不安になりながらも巡礼に愛猫を連れて行く。

ミステリではない一編。結構面白い着想と不安になったり、逆に積極的になったりといった心の動きが読ませてくれる。


四色問題

戦隊ものの役者が殺された。彼女の腕にはXの傷が刻まれたいてた。

おいおいこんなオチでいいんかい。


幽霊をやとった女

落ちぶれた私立探偵に依頼を持ち込んできた女。探偵は依頼どおり彼女の夫を調べ始めるが……

いい感じ。海外風の文体が法月氏には似合っている気がする。オチの付け方も文体に合っていて中々。


しらみつぶしの時計

途中までは面白かったがオチの付け方が駄洒落かい。がっくり


トゥ・オブ・アス

気の利いた短編。短く刈り込まれた展開がメランコリックな内容とマッチしている。林太郎はいらない