最後から二番目の真実

主にミステリの感想

聖域 -大倉崇裕

聖域

聖域

安西おまえはなぜ死んだ? マッキンリーを極めたほどの男が、なぜ難易度の低い塩尻岳で滑落したのか。事故か、自殺か、それとも――3年前のある事故以来、山に背を向けて生きていた草庭は、好敵手であり親友だった安西の死の謎を解き明かすため、再び山と向き合うことを決意する。すべてが山へと繋がる、悲劇の鎖を断ち切るために――。
「山岳ミステリを書くのは、私の目標でもあり願いでもあった」と語る気鋭が放つ、全編山の匂いに満ちた渾身の力作。著者の新境地にして新たな代表作登場!!(amazonより引用)

非常にまとまりの良い山岳ミステリー。謎を追いかけ何度も塩尻岳に登り、新宿発の特急あずさや中央線に乗り込むときの雰囲気など山岳小説の持つどこか寂しく静かな文章は気分を高めてくれます。


ミステリとしてみると状況や真相の見せ方が上手いものの、どうしても証拠の乏しさから手ごたえは薄く少々薄味に感じてしまう。しかしそれをあの人の登場のさせ方で補えているとみて良いのではないでしょうか。しかし、あの人の日ごろの言動からの乖離は、それほどの経験を彼に与えたことで良しとすることは言えない感覚が残ります。