最後から二番目の真実

主にミステリの感想

堕天使拷問刑 -飛鳥部勝則

堕天使拷問刑 (ハヤカワ・ミステリワールド)

堕天使拷問刑 (ハヤカワ・ミステリワールド)

両親を事故で亡くし、母方の実家に引き取られた中学1年生の如月タクマ。が、そこではかつて魔術崇拝者の祖父が密室の蔵で怪死した事件が起きていた。さらに数年前、祖父と町長の座をめぐり争っていた一族の女三人を襲った斬首事件。二つの異常な死は、祖父が召喚した悪魔の仕業だと囁かれていた。そんな呪われた町で、タクマは「月へ行きたい」と呟く少女、江留美麗に惹かれた。残虐な斬首事件が再び起こるとも知らず…… (amazonより引用)

いつもの飛鳥部節とボーイ・ミーツ・ガールの融合。つまり人でなしな大人と黒い少女と化け物が出てきて最終的にいい話に落ち着く不思議で面白い話。


序盤、終盤は非常に面白く息も着かせぬ勢いがあるものの中盤のデートや学校生活の比較的日常の描写は退屈でした。途中で捨てられる密室トリックはかなり面白いので別作品で作り直して使ってほしいなぁ。終盤に入った辺りで「ラミア虐殺」のようなオチになるのかと思いましたが最終的には爽やか気味の初恋青春ミステリに収まったのは良かったです。


プロローグとエピローグの感傷的な筆致はデビュー作の「殉教カテリナ車輪」を思わせる切なさを持っていて好きです。

現実的に終わるか否かから考えさせてくれる作家さんは他にいるのだろうか?