最後から二番目の真実

主にミステリの感想

六つの手掛り -乾くるみ

六つの手掛り

六つの手掛り

雪野原に立つ民家で、初めて会った者同士が一夜を過ごし翌朝、死体発見(『六つの玉』)。姪に話して聞かせる、十五年前の「大学生・卒業研究チーム」爆死事件の真相(『五つのプレゼント』)。大学の補講中、マジック好きな外国人教授が死んだ、ESPカード殺人事件(『四枚のカード』)。中味を間違えた手紙と残された留守電が、エリート会社員殺害の真相を暴く(『三通の手紙』)。特注の掛軸は、凝ったイタズラが大好きな、地方の名士がが殺された謎を知っている(『二枚舌の掛軸』)。決定的な証拠がありありとそこに存在した、ベテラン作家邸殺人事件(『一巻の終わり』)。見た目は「太ったチャップリン」!?林茶父が、今日もどこかで事件解決。(amazonより引用)

小気味良く無駄の無い短編が六つ収録された短編集。しかし未だに「イニシエーション・ラブの乾くるみ」なんですね、何か悲しさを感じます。


収録された短編はどれも意外性のあるミステリのお手本のようなものばかり。ラストの「一巻の終わり」はシャレの効いたオチで楽しめます。とはいえどうも持って回った言い方、情景描写がぎこちなく場数をこなし代表作を得た作家の実力はこの程度なのかと思ってしまいます。


話は変わって探偵役の林茶父はチャップリンの外見を持っているということですが作中から受ける印象はチャップリンというよりブラウン神父でした。随所に見られる逆転の構図はブラウン神父シリーズを髣髴とさせるものですし、人好きのする林茶父の性格もまたブラウン神父を思い起こさせます。

全体的に良く出来ているものの惜しい作品でした