最後から二番目の真実

主にミステリの感想

消えた山高帽子 チャールズ・ワーグマンの事件簿 -翔田寛

西洋幽霊と日本の幽霊が連続して目撃された怪異。白装束を纏って剣を腹に突き立てていた吝嗇な英国人。歌舞伎役者を巻き込んだ山高帽子盗難の謎。鉄道開通に沸く観衆の中で叫び声を上げた女の悲しい過去。教会堂内で起きた密室状況下の怪死事件。―明治六年、横浜居留地に英国人名探偵、颯爽と登場。愛すべき医師ウィリスをワトスン役に、西洋と日本の文化が交錯する不可思議な事件の数々を鮮やかに解決へと導く新聞記者ワーグマンの活躍を描いた、小説推理新人賞受賞作家初の連作ミステリ。(amazonより引用)

明治初期の横浜を舞台にイギリスからの特派員記者チャールズ・ワーグマンが不可思議な事件を解く、というちょいと変わった設定のミステリ連作。


明治初期の頃の大きな(社会制度としても文化としても)変化点を上手く作品に生かしていてまず感心してします。日本社会の風変わりな点を外国人であるチャールズ・ワーグマンの目を通すことで魅力的な謎へと作り変え、ミステリとしてのカタルシスにまで昇華している。


風変わりな点を謎に変え、その点を生かすために事件は飛び切りおかしかったり実に上手。左前の白装束を着た外国人が切腹を行う事件やロミオとジュリエットを思わせる事件など人情ものの味わいもありこれからの活躍に期待したい。


面白かった。