最後から二番目の真実

主にミステリの感想

最も難しいのはホワイダニット。一般に日本のミステリー小説では、ここがおざなりになることが多いです

http://news.dengeki.com/elem/000/000/179/179735/

竜騎士07:“フーダニット(誰が犯人か?)”、“ハウダニット(どのように犯行を行ったのか?)”、“ホワイダニット(なぜ犯行を行ったのか?)”というのが推理の3点セットと言われています。フーダニットもハウダニットも推理するのは困難ですが、最も難しいのはホワイダニット。一般に日本のミステリー小説では、ここがおざなりになることが多いです。犯人とトリックを見破ったら犯人が観念し、自分の不幸な過去話から殺人に至るまでの動機を自白してくれるというのが日本のミステリーのパターンなので。