最後から二番目の真実

主にミステリの感想

智天使の不思議 -二階堂黎人

智天使(ケルビム)の不思議

智天使(ケルビム)の不思議

大学生にして、多くの刑事事件の解決に貢献した、「名探偵」水乃サトル。親しくなった刑事から聞かされたのは、サトルもよく知っている人気女性マンガ家に容疑がかかり、迷宮入りした殺人事件の詳細だった。相互に矛盾する手掛かりから、真相にたどりつくことはできるのか!?やがて、彼女の周辺で新たな殺人が起こり、事態は混迷をきわめて…。現在と過去の二つの事件。巧緻を極めた、驚くべき完全犯罪計画。圧倒的な緊迫感で描く、究極の本格推理小説。(amazonより引用)

そういえば珍しくなったなぁ、こういった典型的な新本格倒叙の形式にすることで犯行の不可解さ(突発的犯行なのに強力なアリバイが出来ている)を際立たせ、更にこの犯行の記述を犯人の手記とすることで煩雑な動機の説明等を回避している。手法的にかなり上手くやっているとは思う。

ただどうもこの作品からは「容疑者Xの献身」への二階堂氏の返信なのではないかという気がしてくる。倒叙形式で犯行を書いていること、犯人の動機が見返りを求めていない?愛であること、突発的犯行に対するアリバイ作りなどなど。


容疑者Xに対する返信だとすればこの作品はかなり成功しているといえる。アリバイ作りはより大きく派手なものになっているし、物語の落とし方も容疑者Xよりは筋の通った物になっている。ラストで唐突に涙ながらの純愛がどうのこうの、は正直寒かった。それに比べればこちらの最後まで諦めずに幸福を掴み取ろうとする犯人の方がまだまし。


そういった意趣返しの部分は良いと思うのだけどもどうにも独立したミステリとしてどうかというとチョイト微妙。トリックは最初に描かれるとても地味な密室トリックは面白いものの、本命のアリバイトリックは手記という性質上(筆者が必ずしも正確な書き方をするわけではないので)結構簡単にわかってしまう。これ自体は悪くないものの手記に書かれるほかの事件がスッパリ無い物とされているのでトリックのための小説の感が否めない。トリック小説で悪くは無いんだけどもそれなら他の事件もしっかり書いてトリック大放出セール小説にしたほうが良かったのでは。二階堂氏ならそれは出来ると思うんだけども……


佳作というかなんというか