最後から二番目の真実

主にミステリの感想

第四の扉 -ポール・アルテ

第四の扉―ツイスト博士シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

第四の扉―ツイスト博士シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

オックスフォード近郊の小村に建つダーンリー家の屋敷には、奇妙な噂があった。数年前に密室状態の屋根裏部屋で、全身を切り刻まれて死んだダーンリー夫人の幽霊が出るというのだ。その屋敷に霊能力を持つと称するラティマー夫妻が越してくると、さらに不思議な事件が続発する。隣人の作家アーサーが襲われると同時に、その息子ヘンリーが失踪。しかもヘンリーは数日後、同時刻に別々の場所で目撃される。そして、呪われた屋根裏部屋での交霊実験のさなか、またもや密室殺人が…。犯罪学者アラン・ツイスト博士が、奇怪な事件の真相を暴く。(amazonより引用)


シンプルだけども実に上手くトリックを見せてくれる、素晴らしい一冊。


この作品の一番のキモである「屋根裏部屋での交霊実験中に起きた密室殺人」。トリック自体は非常にシンプルながらも如何にしてトリックを効果的に見せるか、良く考えられている。希少なコインを使った封蝋(この前段階の封印された手紙を盗み見るトリックを目くらましにしてこちらの封蝋の意図を上手く隠している)、違和感を覚えた「比率」(後の作中作設定の開陳から苦し紛れの無茶振りかと思わせる手際)、何よりシンプルな密室の状況が却って不思議な魅力を生み出している。


それ以外にも雪密室のトリックは秀逸で読んでいて飽きない。海外ミステリはどうも翻訳文が硬くて読みづらいものが多いと感じていたけども最近は国産よりむしろ読みやすくなってきた。年取ったせいなのかね。


これは本当に面白かった。