最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ぼくが探偵だった夏 -内田康夫

ぼくが探偵だった夏 (ミステリーランド)

ぼくが探偵だった夏 (ミステリーランド)

光彦・小学校五年生の夏。クラスに軽井沢からの転校生・本島衣理がやって来た。初対面の印象は最悪!それなのに隣の席だなんて、女という生き物が苦手な光彦には辛い毎日だ。でも、待ちに待った夏休み、光彦は今年も恒例の軽井沢の別荘へ…。そこで、夏の友だち・峰男くんから偶然、衣理を紹介され再会する。話をするうちに光彦は、最近、軽井沢で行方不明になった女の人がいるという話を聞き、三人で現場に行くことに。すると、怪しげな「緑の館」の庭で大きな穴を掘り、何かを埋めようとしている男の姿が!その直後から不穏な空気が光彦の周囲に漂いはじめる。埋められた物は何だったのか?平和な軽井沢でいったい何が起こっているのだろうか!?「浅見光彦シリーズ」でお馴染みの“あの人”たちも登場。(amazonより引用)


そういえばこのミステリーランド、少年が夏休みに田舎に行って現地の子どもと交流を持って事件を追っかけるというパターンが多いなぁ。やっぱり定番だからでしょうか?この作品もその定番どおりひと夏の冒険と成長を描いた良作。


年食ってくるとやっぱりこういった少年が冒険する話に甘くなってしまうのかなぁ、途中の本島のおじいさんの「電車を降りていく話」にはちょっとセンチメンタルな気持ちになってしまいました。


お話としては女の人が殺されて庭に埋められたはずなのにその後東京で保護される。じゃぁあの庭に埋められた箱はなんなの?という興味は意外に面白い。殺されたと思われる女性、庭に埋められた棺のような箱、そこに掘り返すと出てきた犬の死骸。夏の冒険モノらしい少しおどろおどろした雰囲気に相まって引き付けられます。


一方で主人公の浅見少年があくまで子どもの行動できる範囲で行動しているのにも好感を持ちました。必要ならば周囲の大人の力を借りて対処するのは無茶が無くて冷めずにすみます。あまりに子供が何でも解決していくと正直その非現実さに冷めてしまいすので。


良かった