最後から二番目の真実

主にミステリの感想

れんげ野原のまんなかで -森谷明子

秋庭市のはずれもはずれ、ススキばかりがおいしげる斜面のど真ん中にたつ秋庭市立秋葉図書館、そこが文子の仕事場だ。無類の本好きである先輩司書の能瀬や日野らと、日がな一日あくびをしながらお客さんの少ない図書館で働いている。ところがある日を境に、職員の目を盗んで閉館後の図書館に居残ろうとする少年たちが次々現われた。いったい何を狙っているのか。(第一話 霜降―花薄、光る。)?のどかな図書館を優しく彩る、季節の移り変わりとささやかな謎。『千年の黙 異本源氏物語』で第十三回鮎川哲也賞を受賞した期待の新鋭が放つ、本好き、図書館好きに捧げる受賞第一作。(amazonより引用)


いや何と言うか、悪くはないと思うんだけどね。女性特有なのか、全体にみんな間接的な言動をとる事に違和感が残る。それにこう無理に持ち上げている感じや自分を控えめに見えるように、でもしっかりと主張している事が不快とまではいかないまでも、違和感が……

ここの謎は結構面白い。些かロマンチックすぎる暗号や不思議な雪女、謎の遺失物にいたずら小僧の騒動。とはいえ幾らか大げさに事件しているようなものもあるのが残念。洋書の暗号作りはほうっといてもいい気がするし、美術書盗難騒ぎはもう少し大事になるんじゃないかなぁ、まぁまぁで済ますのはどうなんだろう?

悪くはないんですけどねぇ