最後から二番目の真実

主にミステリの感想

密室から黒猫を取り出す方法 -北山猛邦

完全犯罪を目論み、折角つくった密室に黒猫が入り込んだ!? ユーモアあふれる表題作ほか、五編を収録。キュートでコミカル、しかし心は本格ミステリ。世界一気弱な名探偵・音野順の華麗(?)な名推理を描く好評シリーズ第二弾。(amazonより引用)

密室から黒猫を取り出す方法

表題作。タイトルどおり密室から如何に黒猫を取り出したのかがポイントなんですが、それよりは犯人のドタバタを楽しみたい、そんなユーモラスな一編。トリック自体は面白いし、犯人視点のドタバタ劇にする着想もいい、ただ、トリックを使う側の不自然さが今一なところ。
とはいえ初っ端からいい雰囲気


人喰いテレビ

これまたとぼけた状況に、トリックから逆算したことがバレバレなボケた味わいが面白い。「人喰いテレビ」からそのトリックを成立させる状況を考え、そこから意外な見せ方になるように第一発見者を考える。そういった作品の成立過程が透けて見えるのが却ってこの作品にはプラスの作用を及ぼしていると思う。


音楽は凶器じゃない

この短編集で唯一?真面目な話。着想は「密室から〜」と同じですが別の切り口で魅せてくれます。ただ、こちらはさすがにばれる様な?


停電から夜明けまで

音野が極力隠れるようにすごしていることを上手く使ってあり、正直驚きました。北山氏の実力が大分あがっていることが実感できます。少々無茶な方法ですが犯行を未然に防ぐ音野兄弟におのずと高感度があがります


クローズド・キャンドル

音野シリーズの広がりを作る様に登場するアレなライバル?探偵。正直この作品、なにがなにやら何がどうなってこうなったのか判らないほどカオスな気がします。トリックは上手く考えられていて感心しました。