最後から二番目の真実

主にミステリの感想

妖精島の殺人(上) -山口芳宏

妖精島の殺人(上) (講談社ノベルス)

妖精島の殺人(上) (講談社ノベルス)

富豪が所有する東北の孤島「竹原島」。片思いの美女を追って、島へ上陸した派遣社員・柳沢は街の消失と妖精界出現を目撃―空前絶後の体験談に警察は妄想だと断定するが、学生探偵・真野原は真実だと推理。真相を探るべく、真野原は富豪が経営する会社に赴き、その友人・森崎は島へと潜入。だが森崎を待ち受けていたのは異様な街と、さらなる消失、そして惨劇だった。(amazonより引用)

講談社ノベルス初登場ということでシリーズキャラクターを「大冒険」シリーズの真野原の孫とその友人森崎にしています。が、ぶっちゃけ「大冒険」の殿島と森崎のキャラが被っている。真野原(孫)と真野原(祖父)は言動はそっくりでも性格が違うことが伝わってきたのですが……

ストーリーとしては「島田荘司的本格」といった感じです。上巻は丸ごと導入部なので何ともいえませんが大冒険はしないでしょう、たぶん。


今回は今までとは半歩ずらして書いていると思いますが、これが吉凶どう出るかは下巻次第といったところ