最後から二番目の真実

主にミステリの感想

紫雲の怪 -ロバート・ファン・ヒューリック 和邇桃子訳

紫雲の怪 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1809)

紫雲の怪 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1809)

西の辺境の地・蘭坊の知事をつとめるディー判事のもとに、またもや奇怪な事件が持ちこまれた。町の郊外にある荒れ寺で、無残に断首された男の死体が発見されたのだ。被害者の男は地元のやくざ者で、境内で寝こんでいた男の友人が捕縛された。だが、やくざ者の喧嘩で断首は不自然ではないか? 自ら死体を検分した判事は、首と胴体が別々の人間のものであることを発見する。では、もう一人の被害者は? そして、こんなことをした犯人の目的とは? 奇々怪々の状況を、判事の名推理はいかに解き明かすのか……シリーズ中屈指の怪奇色を醸す傑作(amazonより引用)

今回はどことなく日本的な話でした。幽霊が出てきたり、不思議な美女が出てきたり、怪しげな朧気な雰囲気を作りつつ、作者得意の現実的ながらも余韻を残す結末に落とす。シリーズで一番おもしろいかも。


今まで脇に徹してきた馬栄が活躍しっぱなしなのも見物。戟を持ち勇ましく犯人を追う姿は三国志のよう。不可思議な犯人を前に最後まで予想を裏切られっぱなしでしたが、今回のトリックは中々のものでは。意外すぎる真実に興奮しました。

最高傑作