最後から二番目の真実

主にミステリの感想

荒野のホームズ -スティーヴ・ホッケンスミス

荒野のホームズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1814)

荒野のホームズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1814)

洪水で家も家族も失ったおれと兄貴のオールド・レッドは、いまでは西部の牧場を渡り歩く、雇われカウボーイの生活を送っている。
だが、ある時めぐりあった一篇の物語『赤毛連盟』が兄貴を変えた。その日から兄貴は論理的推理を武器とする探偵を自認するようになったのだ。
そして今、おれたちが雇われた牧場は、どこか怪しげだった。兄貴の探偵の血が騒ぐ。やがて牛の暴走に踏みにじられた死体が見つかると、兄貴の目がキラリと光った……
かの名探偵の魂を宿した快男児が、西部の荒野を舞台にくりひろげる名推理。
痛快ウェスタン・ミステリ登場(amazonより引用)


ウエスタン・ミステリーとでもいうべき痛快な一冊。「赤毛連盟」を読んで(というより読み聞かせてもらって)以来、ホームズを神とあがめるカウボーイオールド・レッドとその弟ビッグ・レッドが荒野を舞台に探偵をするというのは、結構無茶だと思います。


しかし、そこに美貌の女性が現れちょっとしたロマンスを感じさせながら、時には荒野に馬を走らせながら、時には牛からウジ虫を取っ払いながらウエスタンの味わいを持たせつつも典型的なミステリのおもしろさも持たせる。これが実におもしろい!ウエスタンものの痛快さにミステリの痛快さが重なってかなりの傑作になっている

2,3行に1つはジョークが入るのも最初は戸惑ったが直に慣れ、ついつい笑ってしまうこともありました。こんなに愉快な話は久しぶりに読んだ気がします

傑作!