最後から二番目の真実

主にミステリの感想

三幕の殺意 -中町信

三幕の殺意 (創元クライム・クラブ)

三幕の殺意 (創元クライム・クラブ)

昭和四十年―東京オリンピックが開催された翌年の、厳しい雪の訪れを間近にひかえた十二月初旬のこと。水芭蕉の花で有名な尾瀬沼の湖畔にある朝日小屋、その離れで、そこに住む男―日田原聖太が、その年初めての雪の降り積もる夜、何者かの手で殺された。朝日小屋にはその晩、被害者に恨みを持つ男女が何人が泊まっていた。誰もが犯行は可能、と思われて、しかし犯人絞り込みの決め手はない。容疑者の一人に数えられると同時に神奈川県警のベテラン刑事、津村武彦によるアリバイ崩しが始まる。(amazonより引用)

なるほど、作者の意図通りに考えさせられる作品。深い問題提起があるというわけでなく、帯に書いてあるとおりに最後の3行でハッとさせられ、その後この作品の成り立ちを考えてしまった。

謎の男に関するミスリーディングを煙幕にして真相をうまく隠しているもののどこか見抜かれることを期待している書き方に好感。主観があまり入らない書き方なのに視点がころころ変わるのが気になりますが結構面白かった

良作