読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

UFOの捕まえ方 -柄刀一

UFOの捕まえ方―天才・龍之介がゆく! (ノン・ノベル)

UFOの捕まえ方―天才・龍之介がゆく! (ノン・ノベル)

~鹿角市上空に未確認飛行物体出現!?環状列石など謎の遺跡が残るミステリーゾーンを訪ねた天地龍之介は、現地でUFO騒動に遭遇する。人工ピラミッドとも見える山の付近で発光物体が目撃されたのだ。自衛隊が立入禁止区域を設け、町には異様な緊張感が漂っていた。また、天井のシャンデリアの上に残された他殺体と内臓を奪われた犬の死体も発見される。人間業とは思えない怪事件が続発!宇宙人の仕業か?エイリアンに誘拐されたという人物まで現われて…。天才・龍之介、日本版「X‐ファイル」に挑戦。(amazonより引用)

表題作の「UFOの捕まえ方」以外に「身代金の奪い方」「サイト門の開き方」「見えない共犯者の作り方」の4編が入っていたわけですが、出来としてはベスト「身代金の奪い方」、次に「UFOの捕まえ方」かなぁ


「身代金の奪い方」は珍しいコメディタッチの中でやたらリアルな犯行方法を混ぜてるせいか気の抜けた脱力系に感じて面白かった。

「UFO〜」は後書きにもあるようにこれでもか、とネタを詰め込んであるだけにかなり面白いんだけどもあの落ちにする必要はあったのか疑問。幻想的な情景が現実に解体されると不思議な情景が出てくるのは柄刀氏らしい味が出ていて面白いけども、詰め込みすぎでねぇ