読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

密室殺人ゲーム2.0 -歌野晶午

密室殺人ゲーム2.0 (講談社ノベルス ウC-)

密室殺人ゲーム2.0 (講談社ノベルス ウC-)

<頭狂人><044APD><伴道全教授>。
奇妙すぎるニックネームの5人が、日夜チャット上で「とびきりのトリック」を出題しあう推理合戦!
ただし、このゲームが特殊なのは各々の参加者が トリックを披露するため、殺人を実行するということ。
究極の推理ゲームが行き着く衝撃の結末とは!?(amazonより引用)

前回がああいう終わり方なのでどう続けるか、今までの事件を語るのかと思っていましたがこう来たかぁ。

少しずらした趣向が面白いものの、「電脳山荘殺人事件」風のずらし方はついついシリーズ化への布石と、意地悪に思ってしまいます。とはいえ前回同様のトリックのためのトリックだけではないのが良いところ

「次は誰が殺しますか」は前回まででは難しかった「フーダニット」を可能にできる設定だけにハウダニットで終わったのは残念。ハウダニットが面白かっただけにもう一ひねりが欲しかった。

そのあたりの不満は「相当な悪魔」で解消。と同時にこれまでの違和感を、鮮やかに説明され脱帽!ここで評価が急上昇。


最後の締めで3巻目も確定しているので期待して待っています