読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

フランス鍵の秘密 -フランク・グルーバー 仁賀克雄訳

宿泊費滞納でホテルの部屋をしめ出されたジョニー・フレッチャーとサム・クラッグ。フランス鍵でロックされた自室へ隣室の窓伝いに入ってみると、そこには喉を掻き切られた見知らぬ男の死体が…。しかも右手には、一万五千ドルの価値がある希少な一八二二年製の五ドル金貨が握られていた。一体この男は何者で、なぜここで殺されたのか?一枚の金貨があぶり出す人々の欲望の行方とは…。書籍セールスの凸凹コンビ、口八丁のジョニーと力持ちの相棒サムが初登場するユーモア・ミステリ。パルプ小説の巨匠グルーバーの人気シリーズ第一作。(amazonより引用)

パルプフィクションらしいテンポの良さとコテコテさ、それに意外にも!出来の良いシンプルな密室トリック。掘り出し物だったわぁ


切れ者でイケメンでジョークのうまい主人公に腕っ節の強い良いやつサム、ありがちなコンビながらも両者とも頭と腕力で一級品で、それをうまく使いこなしている(熊の銅像を持ち上げることからトリックに結びつくとは)のでそれほど気にはならないかな。

素寒貧で始まった二人の旅が次々うまく立ち回ってお金に困らなくなるあたり21世紀の格差社会への意図せぬ応援になってたり、時間を経たことによる味わいが出てきててる。ラストは大急ぎで締めたかのような急ぎ足ながらも大概の人がハッピーになるように、特に美人は、出来ているので読後感も爽やか

良い作者を知ったわ