読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

泥棒はボガートを夢見る -ローレンス・ブロック 田口俊樹訳

泥棒はボガートを夢見る―泥棒バーニイ・シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

泥棒はボガートを夢見る―泥棒バーニイ・シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

バーニイが経営する「バーネガット書店」でのある日。カウンターのバーニイが目をあげるとハンフリー・ボガートに関する本を差しだしている絶世の美女が立っていた。一目惚れしたバーニイとその美女イローナは、ボガートの話題で意気投合し、その夜から十五夜連続でボガート主演映画を上映する映画館に通うことになった。ポップコーンを分かちあいスクリーンに魅せられるふたり―でも、もちろんバーニイは泥棒稼業を忘れてやいません。キャンドルマスという変な名前の男に依頼されある高級アパートメントに書類鞄を盗みに忍びこみますが…。(amazonより引用)

今回も軽妙にジョークを飛ばすバーニィの活躍を楽しむ、これはいつも通り。今回はそれプラスバーニィの恋愛。こいつがなかなか渋い。作中で「ボガートの映画の見過ぎよ」と言われるほどボガートっぽい言動をするバーニィのボガートばりに渋い恋愛がかっこいい。

アメリカ人はこういう普段3枚目、だけどここぞというところで2枚目で、っていうキャラを作るのが本当にうまい。今回もほぼ3枚目のバーニィが最後にいぶし銀な身のひきかたを見せる、これがかっこいい。

まぁそこまでいくのに何が何だかわからない、どうつながるのかわからないぼやけた、つながりのない物語を読まないといけないのが難点。解説に言われている通り、結構話の運びが適当なんで最後ぎりぎりまで何が起きているのか読者にわからないのが厳しいところだね

ファン向き