最後から二番目の真実

主にミステリの感想

長弓戯画 -滝田務雄

長弓戯画 (うさ・かめ事件簿) (ミステリ・フロンティア)

長弓戯画 (うさ・かめ事件簿) (ミステリ・フロンティア)

雑踏のなか、和弓で射殺された男性。誰が、どうしてそんな目立つ凶器で殺人を行ったのか?しかも、日本有数の弓の名手でもなければ犯行が困難な状況で…。美男子なれどヘナチョコな少女漫画家マーチ宇佐輝先生と、ドSの編集者カメちゃんこと小亀ミドリは心ならずも事件に巻き込まれる。次々現れる新事実、その度に繰り返される推理の構築と否定。どこまで行っても五里霧中、謎多き和弓殺人事件の真相は?“田舎の刑事”シリーズで既にお馴染み、第三回ミステリーズ!新人賞受賞作家が満を持して贈る新シリーズ第一弾。長編本格コメディ・ミステリ。(amazonより引用)

「田舎の刑事」よりは(それほど)非道ではない、コメディタッチでちょっといい話チックなミステリ。ねたが小粒とか、犯人がかなり唐突だとか、あまりキツメのことは言わないのがお約束といったところ

長弓を使ったトリックは成立するのかねぇ、とやっぱり気になるのが人情ですが、全体に優しさのある展開がちょっと雰囲気作りに貢献しているので多めに見ようというもの

新シリーズの伏線をいろいろ張ったことだし、滝田さんがんばって頂戴

ちなみにこの1作だけ読むと消化不良な気分になるかも
全体に人物の動きが雑なんだよね、悪い効果を出してるわけじゃないからいいけど