読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

カラット探偵事務所の事件簿 -乾くるみ

カラット探偵事務所の事件簿 1

カラット探偵事務所の事件簿 1

あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします!
高校の同級生・古谷(ふるや)が探偵事務所を開くことになった。体調を崩していた俺は、その誘いを受け新聞記者から転職して、古谷の探偵事務所に勤めることにした。探偵事務所といっても、浮気調査や信用調査などは苦手としているようだ。出不精の所長・古谷を除けば、実質的な調査員は俺だけになってしまうので、張り込みや尾行などといった業務もろくにこなせないのだ。ではいったい何ができるのかというと――実は≪謎解き≫なのだ。
作家とファンのメールのやりとりの中から、隠された真実を明らかにしていく「卵消失事件」、屋敷に打ち込まれた矢の謎を解く「三本の矢」など、技巧の限りを尽くして描いた6つの事件を収録。
『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大反響を巻き起こし、練達の愛好家を唸らせつづける著者、待望の連作短篇集。(amazonより引用)

最後のネタは見なかったことにすればいい。暗号ものを中心とした連作短編集で、近年表立って(この短編集だって暗号ものとはわからないけども)書かれることの少ない暗号ものがたっぷり楽しめる。

「黄金虫」を持ち出すまでもなく、暗号ものはどこか秘密めいた団体がバックにいたり、冒険の香りがするものだけどもこの短編集はタイトルどおりカラットしていて読後もさわやか。そういう意味では物足りないけどもこの懐かしい味わいは捨てがたい。

イニシエーション・ラブを常に引き合いに出される乾くるみだが、持ち味としてはこういった人工的な謎作りなんだろうね。

佳作