最後から二番目の真実

主にミステリの感想

新・新本格もどき -霧舎巧

新・新本格もどき (カッパ・ノベルス)

新・新本格もどき (カッパ・ノベルス)

霧舎巧新本格の名品をふたたび「もどく」。記憶喪失が治ったはずの探偵・吉田さん。しかし、かわりに失ってしまった仲間との思い出を呼び覚まさんと、看護師・上岡エリがなりきり名探偵となって、吉田さんを彼女の相棒に指名する!ミステリマニアのてんぷら屋の大将、コスプレマニアのエリの姉・姿子。まとまりのないメンバーとともに、探偵コンビが怪しげな組織の陰謀を華麗な推理でサックリ解決!?二階堂黎人森博嗣北村薫西澤保彦芦辺拓麻耶雄嵩、オリジナル作者公認、新本格ファンもどきどきの霧舎ワールド、全開!満を持して作者が自らを「もどい」た新作書下ろしも収録。(amazonより引用)

霧舎が書くと大概のものが行き着くところに行き着いてしまう気がする。無意識の内に、その対象の持つ本質が解体されてしまうような気がしてくる。

なんかもう、「もどく」とか「もどいていない」とか「もどけてる」とか、そういたったこの短編集の感想を書く時に使うであろう単語が出てこない。確かに、各作家の「癖」はもどけているし、登場人物の名前を上手いこと改変して「違うんだけど同じ」感じが出ている。ドクター・オーガの登場で筋を通しているのも良い傾向だと思う。

しかし、同時に霧舎巧の持つ悪さも当たり前のように出ている。
・以前のシリーズを読んでいることを前提にする作り
・あまりに機械的に出現する死体、見立て、そのほか新本格的ガジェットたち
・ずーっと最初から最後まで推理、を成立させるための「推理のための推理」の頻出

小ネタをいじくるのが得意な作家なだけにこういった短所も克服して欲しいんだけども、おそらく本人は短所と思ってないんだろうなぁ。一皮むければ大きく大きく大成してくれそうなのに。

作品一つ一つの感想としては
人狼病の恐怖
→最初の一編として無難なできか。面白いが結末が無茶ぶりすぎる。長編でこそ本領発揮できるタイプのトリックなだけに残念。長編にすると「蛍」のようなものが出来そうだが。

・すべてがXになる
森博嗣だけ帯にコメント書いてないのが気になる。やる気ね-な。短編としての出来は結構良いのでは。とはいえ、そのための下準備が荒すぎる。中編ぐらいにして、SFミステリに仕立てれば尚良いかも。そう考えると西澤もどきにこのネタを使った方が……

覆面作家は二人もいらない
→ほう、これはなかなか良いじゃないか!場面展開が早すぎることを除けばベスト短編かも。捨てトリックと本トリックの案配が良い感じ。しかし、オーガの仕込みは無茶だな

・万力密室
→作者の狙い通りに面白い。上手い証拠の隠し方だと思うね。しかし、どうやってUFOは準備したんだ。相変わらず、トリック以外のところが荒い。

・殺人史劇の13人
→エリはどこにいったのかが気になってしょうがなかった。

・夏と冬の迷走曲
→麻耶っぽい。もどき方ではベストか。ラストも良い感じ。

・《おかずの扉》研究会
→伏線回収の話のはずが回収できていない。どう考えても霧舎の次の新・新・新本格もどきのための伏線ではないかと思う。話が発散してどう収集つけるつもりなのか

良いと思うよ。ただね、ということ