読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

機械探偵クリク・ロボット -カミ 高野優訳

機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

四角い頭に鋼鉄の身体、チェックのスーツを着こなし、頭には小粋なチロリアン・ハット……
古代ギリシャの偉大なる発明家の直系の子孫、ジュール・アルキメデス博士の発明になるクリク・ロボットをご覧ください。
事件が起こるや、計算機としての能力を最大限に発揮し、正確無比な方程式を立て、代数学的に謎を解くのです。
その冷徹な推理力の前に、解けない謎などこの地球上には存在いたしません。
広大な庭園で起きた殺人事件の謎を解く「五つの館の謎」と、
有名人の遺体を強奪した悪党団に挑む「パンテオンの誘拐事件」の
二大巨篇を一挙収録!
美麗イラストも満載(amazonより引用)

『五つの館の謎』
クリクの愛らしい格好(チェックのスーツにチロリアン・ハット!)に数々の夢のような機械を詰め込んだフランス版ドラえもんのような活躍が楽しめる。クリクがドラえもんならアルキメデス博士はのび太か。こちらののび太はクリク以上に出来る存在だが。

五つの館を舞台にしている、結構素直なフーダニット。「銃声がしていながら何故かナイフが刺さった死体」は結構魅力的で、スマートな解も含めて非常に端正。そこにカミ独自のユーモアが乗っかった贅沢な短編。魅力的でこのシリーズがこの短編集の2作しかないことが残念。

パンテオンの誘拐事件』
前編とうってかわってパンテオンを舞台にした冒険もの。暗いパンテオンの中で起きる追跡劇は手に汗握ります。

どちらの短編でもクリクのはき出す「暗号形式の解答」や「銃に撃たれても物ともしない」所が良い味を出している。

素晴らしい。