読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

煙突掃除の少年 -バーバラ・ヴァイン 富永和子訳

小説家ジェラルド・キャンドレスは7月6日に71歳で永眠した。1926年5月10日生まれ―父の回想録の執筆をもちかけられたキャンドレスの娘サラは、自分が父の過去をほとんど知らないことに気づいた。さっそく調査に着手した彼女は出生証明書を頼りに父の親類らしき老女を突き止めるが…「ジェラルドはあたしの弟よ。五歳のとき髄膜炎で死んだわ」古びた死亡証明書を前に、愕然とするサラ。父は、ジェラルド・キャンドレスではなかったのだ。では、いったいどこの誰だったのか。不安を押し殺して調査を進める彼女が突き止める衝撃の事実とは。(amazonより引用)

「ステラの遺産」のルース・レンデルの別名とは気づかなかった。言われてみると、やたらと上手なおばあちゃん(というには少々若い年の女性)の描写が共通点かな。今回も夫から愛されていなかったアーシュラの独白には非常に強い説得力がある。

娘のサラの調査によって次第に明らかになる父ジェラルドの過去。彼にいったい何が起きて、その結果家族を捨て名前を捨てることになったのか。その真相は最後の最後に明らかになるけども、その過程の描写が面白い。明らかになりそうでならない、1歩進んで2歩下がる状況や、章の頭に書かれるジェラルドの作品からの引用。すべての動機、原因は最初の『レス・イズ・モア』からの引用という形式で書かれる文章に込められている訳だけど、これが秀逸。

娘を愛せず、母を愛せない親子の関係や、霧に対する母と父の感じ方の違い。丁寧な描写は今回もばっちり。

とても面白い作品